キーの判別

アドリブを行う際、まずその楽曲、コード進行のキーを知る事が大切です。

一般的にはサークルオブフィフス、5度圏なる考え方で楽曲のキーを判別するのですが、ここでは簡単な暗記方法を♯キーと♭キーに分けて解説します。

まずは、調号の付け方。
♯キーはF(ファ)、C(ド)、G(ソ)、D(レ)、A(ラ)、E(ミ)、B(シ)の順番で♯をつけます。
♭キーはB(シ)、E(ミ)、A(ラ)、D(レ)、G(ソ)、C(ド)、F(ファ)の順番です。♯キーの逆ですね。

#はファドソレラミシ、bはシミラレソドファ..と呪文のようにどちらも暗記してください。

そしてここからがポイントです。下の図を見てみましょう。

(+2)♯キー F(1) C(2) G(3) D(4) A(5) E(6) B(7)
(-1)♭キー B(1) E(2) A(3) D(4) G(5) C(6) F(7)

♯キーが+2で♭キーが-1となっています。また、音名の横に数字が1,2,3..と書かれてあるのは調号を付けていく順番を数字で表したものです。

 

例えば♯が5つ付いている楽曲のキー判別。

F,C,G,D,Aと計5つ♯がつけられています。

上の表で♯キーの横に+2と書かれてあるのは、FCDAEBの順番で5つ目の♯から2個先の音名がキーになると言う事なのです。

つまりこの場合はKey=E Majorと言うことになります。

 

♭キーについては最終的に出た音名に♭をつけます。

♭が2つ E(2)-1=1(B) Key=B♭

♭が5つ G(5)-1=4(D) Key=D♭

という感じに。

 

この方法の欠点は♯が6つ(Key=F#)7つ(Key=C#)と♭が1つの時(Key=F)のように表からはみだし一周回る時。

これらのキーだけは覚えておかなければいけません。

 

文書にて説明するのはなかなか難しいのですが、慣れると一瞬でキーが判別できるようになります。

以上キーの判別でした。

 

講師

山口涼也




福岡市博多区のギター教室 Four on Six Guitar School

入会金・教材費無料。良心的な価格設定で良質なレッスンを、あなたに合わせたオーダーカリキュラムで。
福岡市博多区博多駅南のレッスンルームで行われるプライベートレッスンから、福岡市内各地の音楽スタジオ等を利用した出張レッスンまで現役プロギタリストの講師がレッスンを行います。

電話番号 050-5874-7763
メールアドレス support@four-on-six.com
HP http://www.four-on-six.com

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。