Footprints / Wayne Shorter

今回はWayne Shorterの名曲”Footprints“のアナライズ。
よく質問されるのが9、10小節目(6/4表記の場合)からのチェンジです。
マイナーブルースのリハーモナイズの話になるのですが、楽譜によってチェンジが違いますよね。

例を挙げると
・Ab7-G7
・D7-Db7
・F#m7b5-F7-E7-A7

実はこれらのチェンジは皆一緒です。
Ab7-G7を元に細分化しており分析すると…
img_1188

このような感じになります。
D7とDb7は元のチェンジの裏コード。
F#m7b5-F7-E7-A7-5はF#m7b5はD9と同一コード。F7はD#dim=Adim(Ab7)の代理。E7はG7の代理(Abdim=Fdim)、A7-5はGをルートと考えると9th、#11th、#5、Rootとなり代理コードとなります。
アドリブをとる時はAb Lydian Dominant、G Alteredと大きくとるのが一番ベーシックな方法です。




福岡市博多区のギター教室 Four on Six Guitar School

入会金・教材費無料。良心的な価格設定で良質なレッスンを、あなたに合わせたオーダーカリキュラムで。
福岡市博多区博多駅南のレッスンルームで行われるプライベートレッスンから、福岡市内各地の音楽スタジオ等を利用した出張レッスンまで現役プロギタリストの講師がレッスンを行います。

電話番号 050-5874-7763
メールアドレス support@four-on-six.com
HP http://www.four-on-six.com