その他

エレキギターの音作りについて

  • LINEで送る

ギターの音作りについてよく質問があるので、記事を書きます。
全体的に言えるのはギターとアンプと右手である程度の音作りを完結させる事。
エレキギターのボリュームやトーン、ピックアップで音色は変化しますし、アンプのイコライジングの影響も凄く大きいです。ピッキングのタッチ、指弾き等でも勿論変化は大きいです。
クリーントーン〜ドライブサウンドまで必要とする楽曲ではアンプでクランチサウンド、手元(ギターのボリューム)を下げてクリーントーンになるように音作りを行いましょう。
ギターソロ等でレベル、ゲイン等を稼ぐ必要がある場合に別途エフェクター(ブースター、オーバードライブ等)を繋ぐと良いでしょう。
音作りについては沢山の意見、方法があるとは思われますが、音作りのはじめの一歩としてギターやアンプの音の個性を引き出すベストな方法だと考えます。
初心者の内はギターのボリューム、トーン、ピックアップを弄る癖をつけておきましょう。
講師
山口 涼也

  • LINEで送る

コメントを残す

*