BLOG

ギターを始める上で必要なものとは?

  • LINEで送る

ギターを弾いてみたいけど何から揃えたらいいのか分からない!という方も多いのではないでしょうか。
そんな方向けに必要なものリストをまとめてみましたので参考にされて下さい。

必須のアイテム

1.ギター
これがないと何も始まらない!しかし一言にギターと言えど種類は沢山あります。
大きく2つの種類に分けるとエレキギターアコースティックギター
エレキギターはアンプと呼ばれるスピーカーを通して音を出します。アンプに繋がず、生音での練習は小音量なので近所迷惑にもなりません。
アコースティックギターは単体で大きな音が出るギターです。中にはアンプに繋げるエレアコと呼ばれるものも存在します。
弦の張力が強いので最初はとても大変です。
現代では安い価格帯のギターも進化しており、とても作りが良いものも沢山あります。
ご購入時のご相談も受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。
また、FOS GUITAR SCHOOLには生徒様用に貸しギターのご用意はありますが、ご自宅での練習には必須です!

2.チューナー
弦の音程を合わせるために必要となります。
音程を合わせることをチューニングと言い、音程があってない状態で練習をしても効果がありません。
意外と忘れがちなこのチューナー、ギタリストには必須のアイテムです。

3.ピック
弦を弾くために使用するピック。1枚100円程度なので色々なサイズや硬さのピックを試してみるのも良いでしょう。
初心者には小さくて硬めのピックがオススメ!

ご希望に応じて

1.アンプ
いわゆるスピーカーを想像していただけると分かりやすいと思います。ギターからシールドを通してアンプに繋ぎ音量を増幅させたり音色を作ったりするのに使用します。小型〜大型のものまで種類も様々。

2.シールド
ギターをエフェクター、アンプ等に繋ぐシールド。実はシールドによって音も変化します。

3.ギタースタンド
毎回ギターケースからギターを取り出すのは面倒!そんな時に便利なのがこちらのギタースタンドです。
ギターがご自宅のインテリアに!

4.エフェクター
ギター、アンプの他に音色を決定づけるものとしてこのエフェクターがあります。コンパクトエフェクターと呼ばれる小さなものからマルチエフェクターやラック式と呼ばれる大きなものまで。種類も膨大にあります。

5.メトロノーム
リズム感を鍛える、練習のサポートに。

  • LINEで送る