返信先: コードの練習方法

#3141
FOS GUITAR SCHOOL
キーマスター

アコースティックギター、エレキギターに関わらずパワーコード(ルートと完全5度の2音)の練習をお勧めしています。オープンコードから練習すると初心者の場合、各コード(C major,D major,E major…)の関連性が分からず、コードフォームも違うので挫折しがちです。
その点パワーコードは2つの音程を押さえるだけ。majorとminorの区別もないので楽曲を通して練習が行いやすい。さらに左手のミュートの訓練も同時に出来ます。
レベルアップしてバレーコード(セーハコード)の習得に移行した際も、残る音程を足す作業になるのでとても楽です。